• DHAの一日の摂取量はどのくらいか

    DHAは、サンマやイワシ、アジといった青魚に多く含まれている脂肪酸です。脳の活性化を促すだけでなく、生活習慣病も予防でき、コレステロールの値も正常にするため、健康維持に欠かせない栄養素となっています。
    同じような働きをするものに、EPAがあります。EPAもまた、青魚に多く含まれており、抗炎症作用や、血栓予防、高血圧の予防になります。
    この2つはセットとして考えられることが多いですが、一日の摂取量はDHAとEPAを合わせて、1g程度です。魚にすると、大きめの切り身、一切れ分となります。3gを摂取してしまうと、鼻血が出やすくなったり、下痢や吐き気をもよおしたりします。サプリメントを利用している場合は、必ず1粒当たりどのくらい含まれているか確認をし、一日の摂取量を超えないようにしましょう。
    なお、血圧を下げる薬を服用していたり、血液凝固阻止剤を使用している場合は、DHAをとることにより、さらに出血しやすくなることがあります。また、血圧が下がりすぎてしまうこともあります。DHAには、血液をサラサラにし、血流をよくする働きがあるので、過剰に魚を食べるのをやめ、サプリメントを飲む場合は、事前に医師に相談しておくと安心です。
    一度にたくさんとっても、生活習慣病を予防し、血液の状態を良くすることはできません。毎日継続して摂取することが大切となります。魚は水銀や鉛を蓄積しやすいので、気になる場合は、サプリメントを利用すると良いでしょう。

    Categories: DHA・EPAの働き

    Comments are currently closed.