• DHAとEPAの効果とは何か

    DHAは魚油に多く含まれる脂肪酸で、「ドコサヘキサエン酸」と呼ばれています。そして、必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸の一つで、不飽和脂肪酸に分類され、マグロやサバ、サケ等の青魚や、亜麻仁油やえごま油等に多く含まれています。
    DHAは記憶力や学習能力の向上に役立つ成分であり、魚などから摂取すると、神経伝達物質のやり取りがスムーズになり、神経細胞が最大限に働くようになります。また、血液をサラサラにして動脈硬化や脳卒中を防ぎ、神経細胞同士の伝達をスムーズにする働きがあることから、認知症予防の効果もあります。また、うつ病の改善、視力の改善などにも効果があります。
    一方、EPAは、「エイコサペンタエン酸」と呼ばれ、DHAと同じく不飽和脂肪酸に分類されます。ブリやマグロ、カツオなどの青魚や、ウナギ、アナゴに多く含まれています。これは、豚や牛などの肉類には含まれていません。
    EPAには、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こす「血栓」の生成を防ぐ効果があります。また、血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らすとともに、善玉コレステロールを増やし、動脈硬化を防ぐ働きもあります。また、花粉症やアトピー性皮膚炎といったアレルギー症状の緩和にも効果があります。
    DHAとEPAは、同じ不飽和脂肪酸の仲間で、非常に近い存在ですが、脳神経の活性化やコレステロールの減少にはDHA、中性脂肪の減少にはEPAがより効果を発揮します。

    Categories: DHA・EPAの働き

    Comments are currently closed.